読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプとかドゥテルテとかイ・ジェンミョンが盛り上がる今。

政治 歴史

 安倍首相が、日本の左派からは戦前回帰のとんでもない独裁者的に見られているが、現在の世界情勢は安倍首相どころではない過激なポピュリスト達が台頭してきている。

 

 アジア太平洋地域でこの流れを作ったのはフィリピンのドゥテルテ大統領だろう。コレに続いてアメリカのトランプ次期大統領。そして韓国の次期大統領候補として異様に盛り上がってるのがイ・ジェンミョンである。韓国次期大統領は国連事務総長のパン・ギムンだろうと思ったらここにきて「韓国のトランプ」というあだ名でイ・ジェンミョンが盛り上がってきた。この人達が訴えるのは実は極めてまっとうに自国の問題を解決する手段だ。ただ、彼らは他国を尊重する気持ちや、人権、ポリティカル・コレクトネスといった20世紀後半に成立した相互扶余の概念をほとんど無視する。無視というより敵視する。そして他国を悪役にして勢力を得る。

 

 人権思想と国際協調は20世紀にしっかりと形を整え、二度の世界大戦の惨禍を踏まえて、反差別という概念で築き上げられてきたが、これらの理想主義は21世紀に入って力を失いつつ有る。反差別は逆差別とみなされ、人権は人権真理教と揶揄され、ポリティカル・コレクトネスは表現の自由を犯す軛となりはてた。トランプが勝った理由の一つが反ポリコレ姿勢だったという話もあるが、「政治的に正しい言論」が、息苦しさを感じさせ、それを正面からぶった切るトランプに支持が集まるというのは非常に危険だと思う。

 

 人権というのは、簡単に言うなら生まれたなら幸福に暮らす権利があるという思想だ。もちろんこれは簡単ではない。国も国民も不断の努力をしなければいけない。人権思想は神の約束ではない。人間が人間を幸せにしなければいけないという、茨の道なのだ。現在世界中で起こっている事態は、この努力を捨て去って自国だけ、もしくは富裕層だけの幸福を約束し、その範囲外を切り捨てる行為に思える。

 

 第一次大戦後、列強諸国はブロック経済という囲い込みで自国の勢力圏の繁栄を試みた。結果第二次大戦に至った。あのころに匹敵する不安定をいまの世界情勢は生み出しているんじゃないだろうか。