読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂上田村麻呂黒人説というのが海外では意外と広まってるとか

どんぐりこ - 海外の反応 海外「映画化希望!」日本で平等に扱われた黒人奴隷の歴史に海外が感動

上の記事では、織田信長に仕えた黒人、弥助についての外国人の反応が寄せられているのだが、なんだかよくわからんが、侍はみな黒人だったというような勘違いをしている人がいる。最初の侍として坂上田村麻呂の名も挙げられているのだが、どうも坂上田村麻呂黒人説というものがあるらしい。

細かい話だけど侍(武士)は10世紀以降の、武芸を家芸とする下級貴族から始まるもので、坂上田村麻呂の時代に侍は存在しない。田村麻呂は武官である。

 

坂上田村麻呂黒人説 - Wikipedia

どうやらカナダの人類学者が、坂上田村麻呂をネグロと書き、それがアメリカの公民権運動に取り入れられて広まったらしい。カナダの人類学者が何を根拠に田村麻呂をネグロと書いたのかは謎である。坂上氏の先祖は系図上では後漢霊帝の末裔で、百済からやってきた渡来人であるらしいが、渡来人であってもおそらくモンゴロイド以外ではありえないだろうと思われる。

 

どうも「坂上田村麻呂が黒人である」という説、「坂上田村麻呂が最初の侍である」という誤解から、「侍は坂上田村麻呂の子孫で、黒人の血を引いている」みたいなイメージになってしまっているのだろうか。なんともややこしい話である。